ワークスみらい高知

現状を変えたいとの一心で2004年の設立から走り続けてきましたワークスみらい高知。
その理念に掲げたのが「Not Charity But The Chance(保護より機会を)」
それまでの“常識”破りの事業の数々は、「それは福祉ではない」との批判にもさらされました。
理念を言葉ではなく、働く姿で証明してくれたのは、誰あろうそこに集う障害のある方々。
順風満帆とは言い難い運営にあって 停止をせずにいられたのは、この寡黙な労働者がいたからこそです。

そのワークスみらい高知は、障害のある人がより安心して生活し続ける体制とするために、
そして新しい世代がさらに事業をアップデートしていくために
「社会福祉法人さんかく広場」と統合し、新たなスタートを切ります。

統合後は、さらに地域に必要とされる事業として、全国屈指のモデルとなることと信じています。
今後とも、これまで以上の応援のほど、よろしくお願い申し上げます。

令和2年3月吉日
特定非営利活動法人 ワークスみらい高知
理事長 竹村 利道